本文へ移動

ブログ

ブログ

里親支援センターしがの情報や研修案内をアプリでお届けします。

2024-07-09
この四月から、「里親支援センターしが」のご希望の方にアプリで情報をお届けしています。
第二回委託里親研修「自立支援について考えましょう」の案内もこのアプリからの発信しております。
新たにアプリでの情報提供のご希望の方は「里親支援センターしが」までお問合せください。

ひまわり

2024-07-04
先日、茗荷村の勉強会へ向かう際に 道の駅「マーガレットステーション」前のひまわりの群生に目が留まり思わずシャッターを押しました✋

ちなみに里親支援センターの花壇のひまわりも咲き始めました!マーガレットステーションほどではないですが…

このひまわりの種も里母さんからいただいたものです。

ひまわり(向日葵)の花言葉は「憧れ」「あなただけを見つめる」「情熱」だそうです。他の花のように色によってもそれぞれに花言葉があるようです。

ひまわりはやはり、青空が似合いますよね。
この蒸し暑い梅雨はいつ明けるでしょうか。

梅雨にお似合いです

2024-06-27
例年より二週間近く遅れて梅雨入りいたしました。
近頃の熱帯化のような雨の降り方にはビックリします。雨だけじゃなく。じめじめした蒸し暑い梅雨にはうんざりなりそうですがそんな中、涼しさや癒しを与えてくれるのが「アジサイ」です。この時期一気に咲き誇り、色とりどりで花期も長く梅雨の間中楽しませてくれます。
変わった色や形のアジサイを見つけたら教えてください✋

紫陽花の花言葉

  • 青い紫陽花:「辛抱強い愛」「平和」「希望」
  • 赤い紫陽花:「熱烈な恋」「情熱」「勇気」
  • 白い紫陽花:「寛容」「ひたむきな愛情」「清楚」
  • ピンクの紫陽花:「元気な女性」「強い愛情」「幸せな結婚」
  • の紫陽花:「高貴」「優雅」「理解」
紫陽花は、色が変わるという特徴から、「移り気」「浮気」「冷淡」などのネガティブな花言葉もありますが、それらは主に西洋での解釈です。日本では、色の変化を季節の移ろいや人生の変化に例えて、ポジティブに捉えることが多いそうです。

風船カズラ

2024-06-25
里母さんからいただいた種を育てています!
とうとう梅雨に入りました。
雨を楽しめたら・・・
先日のブログでも書きましたが、里親さん訪問時に里母さんからいただいた風船カズラの種を蒔いたものが育ってきています。梅雨の蒸し暑さを少しは涼しげな風船カズラに癒されたいです。
5本ほど苗が育っております。よければどうぞ✋
風船カズラ情報

熱帯地域で育つ一年草だそうです。

インドやジャワ島では、若芽を食べたり、中国では全草を解毒・利尿に用いたりします。秋には、熟した実の中に3つの種をつけるとのこと。


ウセンカズラ(風船葛)の花言葉 
『一緒に飛びたい』『自由な心』『永遠にあなたとともに』『多忙』だそうで「一緒に飛びたい」「自由な心」は、フウセンカズラの実は風船のようで、ゆらゆらと飛んでいるように見えることに由来しているそうです。 「多忙」は、たくさんの実をつけるフウセンカズラにちなんでつけられましたとのこと。  

ベビーリーフいただいています!

2024-06-24
里子ちゃんいや、21歳のお嬢様が小鳩乳児院へ月一回ボランティアに来てくれています。その帰りにセンターに寄ってお弁当を食べています。
お嬢様は、食後に何かを手伝いたいと言ってくれて先月ベビーリーフの種を蒔いてくれました。一か月もたたないうちにぐんぐん成長し食べられるくらいになり先日、お昼時に職員と収穫し採りたてをサラダにしていただきました!しゃきしゃきして新鮮そのものでありました。種を蒔いたお嬢様が食していただいたので職員にもやっと解禁となり、毎朝の掃除時に収穫して冷蔵庫で冷やして各々が好きなドレッシングをかけていただいています。
ぜいたくなひと時であります
TOPへ戻る